使用材料や焼成温度

器を作るということ

100円の器も100万円の器も、多くの器は誰かが考え、材料をそろえ、形を作り、色を付け、焼き、運び、店先に並べてあなたの手元に届いたものです。長い時間と人の手をかけ、器はあなたの元に届き、やがて徐々に生活の中へとけ込んでいきます。
何もないところから生まれた形が人の生活に変化をあたえていく。器の持つ魅力と不思議が、そこにあります。

使用原料

粘土

器の素地となるのが粘土です。

益子締土(白色)、益子白土(白色)、益子赤土(茶色)を使っています。

釉薬

器表面の色や光沢を作るのが釉薬です。ほん陶では益子の釉薬を常備しています。

並白(透明)、糠白(乳濁色)、益子黒(黒色)等をそのまま使用したり、混ぜて使っています。

焼成

焼成窯

粘土は窯に入れて高温で焼くことで化学変化が起こり、耐熱耐水耐酸性の物質になります。

ほん陶の窯は内径35cm立方の電気窯です。

焼成温度

焼成温度が高くなるほど、硬い陶器を作ることができます。また焼成中の酸素量で、器の最終的な色を決めます。

通常焼成温度1250度(白金式温度計にて計測)。

完成品

耐水、耐熱、耐酸性です。市販の和陶器と全く同じように使うことが出来ます。

メンテナンス保証

ほん陶の器は、すべて修理保証付きです。使用中に破損した時は、決して処分せず、いつでもご連絡下さい。基本料無料あるいは無償にて(破損状況による)必ず修繕をいたします。

持ち主様が、長く安心して器を使うことができる環境作りが、ほん陶のモットーです。

HOME >